人妻デリヘル情報 エロ妻の集い

ロゴ

知られざるアメリカの風俗事情とは?

アメリカでは性風俗の営業は違法

日本の風俗に通う男性の中には、海外旅行に行った際に
その土地の風俗に行ってみる、という男性もいます。
日本の風俗に行くのとはまた違った良さがあり、とてもスリリングです。
しかし、外国の風俗に行ったことのない男性にとっては
海外の風俗がどのようなものなのかを想像することは難しいでしょう。
いったいどこまでできるのか、値段はどれくらいなのか、など気になることがたくさんあるかと思います。
中でも、経済大国として名を馳せてきたアメリカ、その風俗事情はどのようなものなのでしょうか。
知られざるアメリカの風俗についてお伝えします。

アメリカの風俗事情。
なんと、驚くべきことにアメリカでは風俗店の営業は違法とされています。
売春行為が違法であることはもちろんですが、性風俗店の営業も厳しく取り締まられ
日本では想像ができないような厳しい規制が敷かれているのです。
しかし、ネバダ州だけは売春が合法となっており
売春宿の経営も盛んにおこなわれています。
しかし広いアメリカでネバダ州だけでしかそのようなお店がないというのは
日本人の感覚からするとやはり驚きです。

ストリップ劇場

風俗に関する規制が厳しいアメリカですが、性的なお店が全くないわけではありません。
日本でもおなじみの「ストリップ劇場」のようなお店は存在します。
形態は日本と同じ、音楽がかかる劇場のステージで、裸の女性を客席から見るスタイルです。
しかし、もちろんその女性と性的行為をするわけではなく、ただ見るだけ。
アメリカで合法とされている性風俗サービスのお店は、女性に触ることすら許されないわけです。
日本という国が、どれだけ性風俗サービスに恵まれているかを実感します。

エスコートガール

法の規制が厳しいといっても、やはり女性に最適サービスを受けたいというのは世の男性の性。
アメリカにも、実は裏風俗のようなものが存在します。
それは、「エスコートサービス」と呼ばれるものです。
エスコートサービスを行っている会社があり、そのWebページから女性を指名します。
日本でいう、デリヘルです。
しかし、日本よりも値段は高い傾向があり、相場は60分で300USドル、日本円で約3万5千円ほど。
やはり高いだけに嬢の質は保証されているようです。
グラマラスな欧米女性とプレイが楽しみたい男性は、旅行ついでに利用してみるのもいいでしょう。
しかし、あくまでも違法であることはお忘れなく。

Copyright © 人妻デリヘル情報 エロ妻の集い All Rights Reserved.